ホーム > 次代への羅針盤 > No.15 細野秀雄


次代への羅針盤

次代への羅針盤

次代への羅針盤 14

やりたいことをやればいい ― 細野秀雄 Hideo Hosono 元素戦略研究センター長&科学技術創成研究院教授 国家として科学技術の分野で日本は中国に勝てなくなると厳しい見方をする細野秀雄氏。だがその一方で「今の若い人は優秀で、大変な時代だがチャンスも多い」と指摘する。鉄系超伝導体の開発や高性能透明薄膜トランジスタIGZOの開発など、研究者として何本ものホームランを打ってきた細野氏が、次代を担う研究者たちに活を入れる。

大きな成果には運も必要

学問の体系を変えた超伝導研究

オリジナリティのあるテーマを自分で徹底的に考え、失敗を繰り返す。そういう当たり前のことを当たり前にやっていくしかない。

学問の深さと役に立つかどうかは別日本はもう世界トップクラスの科学技術先進国ではない厳しい時代だからこそチャンスもある

PDFダウンロード

(1,199K)

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe(R) Reader(R)が必要です。

get Adobe Reader
ここからAdobe Readerをダウンロードできます。

ページトップへ