ホーム > ニュースリリース > 日立化成ポリマー株式会社のロジン変性樹脂事業譲受けに関するお知らせ


ニュースリリース

日立化成ポリマー株式会社のロジン変性樹脂事業譲受けに関するお知らせ

ニュースリリース 2009年09月15日発表

 当社は、平成21年9月15日開催の取締役会において、日立化成工業株式会社(証券コード番号4217)の100%子会社である日立化成ポリマー株式会社の事業のうち、ロジン変性樹脂に関する事業を平成21年12月31日を目処に譲受けすることを決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.事業譲受けの理由
 当社はすでにロジン及びロジン誘導体の製造・販売を幅広く展開しておりますが、日立化成ポリマー株式会社徳島工場のロジン変性樹脂事業部分の譲受け及び同社の中国子会社二社(信宜日紅樹脂化工有限公司及び信宜中林松香有限公司)の保有株式の譲受けにより、印刷インキ向けロジン変性樹脂分野の更なる拡大と強化を図り、併せてロジン系樹脂の原料となる中国ガムロジン製造を、従来のトールロジン(米国から輸入した粗トール油から国内で製造)に加え、中国産ガムロジンも自社原料ソースとして活用することにより供給体制の安定・強化を図ります。
 また、当該事業の製造拠点としております富士工場及び東京工場と、当社中国子会社、南寧哈利瑪化工有限公司に、今回譲受ける徳島工場及び中国二社を加えた六拠点を効率的に活用し、幅広い顧客に向けて、事業拡大を図るとともにパインケミカル分野での競争基盤を強化し、ロジン誘導体の総合メーカーとしての地位を更に強固にしてまいります。

2.事業譲受けの概要
 1)譲受け部門の内容
 ・日立化成ポリマー株式会社徳島工場のロジン変性樹脂事業
 ・信宜日紅樹脂化工有限公司の日立化成ポリマー株式会社80%持分
 ・信宜中林松香有限公司の日立化成ポリマー株式会社81%持分
 2)譲受け部門の直前事業年度における売上高
 ・約20億円

3.事業譲渡会社の概要

1) 商号:日立化成ポリマー株式会社
2) 代表者:代表取締役社長 押久保寿夫
3) 本社所在地:東京都千代田区内神田 1-13-7(四国ビル)
4) 主な事業の内容:工業用接着剤及び合成樹脂の製造・販売
5) 資本金:3億5百万円(平成21年3月31日現在)
6) 設立年月日:昭和42年3月3日
7) 売上高:142億59百万円(平成21年3月期)
8) 大株主及び持株比率:日立化成工業株式会社 100%
9) 上場会社と当該会社の関係:
・資本関係・・・当社と当該会社との間には、記載すべき資本関係はありません。
         また、当社の関係者及び関係会社と当該会社の関係者及び関係会社の間には、
         特筆すべき資本関係はありません。
・人的関係・・・当社と当該会社との間には、記載すべき人的関係はありません。
         また、当社の関係者及び関係会社と当該会社の関係者及び関係会社の間には、
         特筆すべき人的関係はありません。
・取引関係・・・当社は、当該会社と樹脂製品を売買しております。
・関連当事者への該当状況...当該会社は、当社の関連当事者には該当しません。
                   また、当該会社の関係者及び関係会社は、
                   当社の関連当事者には該当しません。



4.事業譲受けの日程
 平成21年 9月16日 事業譲渡の基本合意書締結(予定)
 平成21年12月31日 事業譲受け日(予定)



5.今後の見通し
 ・今回の事業譲受けによる当社グループの業績への影響につきましては、軽微であります。


以上

ページトップへ