ホーム > ニュースリリース > 株式会社日本フィラーメタルズの株式取得(子会社化)に関するお知らせ


ニュースリリース

株式会社日本フィラーメタルズの株式取得(子会社化)に関するお知らせ

ニュースリリース 2009年10月13日発表

 当社は、平成21年10月13日開催の取締役会において、トピー工業株式会社(証券コード番号 7231)の子会社である株式会社日本フィラーメタルズの株式100%を平成21年10月30日を目処に取得し、子会社化することを決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.株式の取得の理由
 当社はすでに、「はんだペースト」の開発・製造・販売事業を積極的に展開しておりますが、今回の株式会社日本フィラーメタルズの株式取得・子会社化により、はんだ事業の領域拡大と商品開発力の更なる強化を図ることができます。
当該会社には、当社が取り扱っていない「やに入りはんだ」、「棒はんだ」等もあり、はんだ製品の品揃え・商品開発力を拡充し、国内外の幅広い顧客に向けて事業拡大が図れます。また、国内の製造拠点(現在は兵庫県加古川市のみ)を複数確保することによって、生産体制の増強および安定した供給体制が構築できます。

2.異動する子会社(株式会社日本フィラーメタルズ)の概要
(1)名称
   株式会社日本フィラーメタルズ
(2)所在地
   千葉県野田市関宿元町487
(3)代表者の役職・氏名
   代表取締役社長 山田清二
(4)事業内容
   はんだ及びはんだ付け関連製品の製造及び販売
(5)資本金
   45百万円(平成21年3月31日現在)
(6)設立年月日
   昭和53年3月1日
(7)大株主及び持株比率
   トピー工業株式会社及びその関係会社 100%
(8)上場会社と当該会社の関係
   ・資本関係
    当社と当該会社との間には、記載すべき資本関係はありません。
    また、当社の関係者及び関係会社と当該会社の関係者及び関係会社の間には、特筆すべき資本関係はありません。 
   ・人的関係
    当社と当該会社との間には、記載すべき人的関係はありません。
    また、当社の関係者及び関係会社と当該会社の関係者及び関係会社の間には、特筆すべき人的関係はありません。
   ・取引関係
    当社は当該会社より原料を仕入れております。
    また、当社の関係者及び関係会社と当該会社の関係者及び関係会社の間には、特筆すべき取引関係はありません。
(9)当該会社の最近3年間の経営成績及び財政状態

3.株式取得の相手先の概要
(1)名称
   トピー工業株式会社(東証第1部、大証第1部、名証第1部 上場)
(2)所在地
   東京都品川区大崎1-2-2
(3)代表者の役職・氏名
   代表取締役社長 清水良朗
(4)事業内容
   鉄鋼事業、自動車・産業機械部品事業、橋梁・土木・建築事業
(5)資本金
   20,983百万円(平成21年3月31日現在)
(6)設立年月日
   昭和9年12月19日
(7)連結純資産
   80,942百万円(平成21年3月31日現在)
(8)連結総資産
   202,995百万円(平成21年3月31日現在)
(9)大株主及び持株比率
   新日本製鐵株式會社 20.01%
(10)上場会社と当該会社の関係
   ・資本関係
    当社と当該会社との間には、記載すべき資本関係はありません。
    また、当社の関係者及び関係会社と当該会社の関係者及び関係会社の間には、特筆すべき資本関係はありません。
   ・人的関係
    当社と当該会社との間には、記載すべき人的関係はありません。
    また、当社の関係者及び関係会社と当該会社の関係者及び関係会社の間には、特筆すべき人的関係はありません。
   ・取引関係
    当社と当該会社との間には、記載すべき取引関係はありません。
    また、当社の関係者及び関係会社と当該会社の関係者及び関係会社の間には、特筆すべき取引関係はありません。
   ・関連当事者への該当状況
    当該会社は、当社の関連当事者には該当しません。
    また、当該会社の関係者及び関係会社は、当社の関連当事者には該当しません。

4.取得株式数及び取得前後の所有株式の割合
(1)異動前の所有株式数
   0株 (所有割合:0%)
(2)取得株式数
   90,000株
(3)異動後の所有株式数
   90,000株 (所有割合:100%)

5.日程
(1)取締役会決議
   平成21年10月13日
(2)株券引渡期日
   平成21年10月30日(予定)

6.今後の見通し
 今回の株式取得に伴う、当期の業績への影響につきましては、第3四半期での取得となることから、連結売上高5億円、連結経常利益10百万円の増加を見込んでおりますが、本件により業績予想の修正は致しません。
また、来期は連結売上高10億円、連結経常利益50百万円の増加を見込んでおります。

以上

ページトップへ