ホーム > パインケミカル > 松脂(ロジン)を訪ねて > 20.鞄(かばん)と松脂(ロジン)


パインケミカル

20.鞄(かばん)と松脂(ロジン)

鞄の縫い目一つ一つに松脂が命を吹き込む。

画像 鞄と工房CAPTAIN冨田氏の写真

取材協力

工房CAPTAIN(LEATHER CRAFT)  冨田 実氏
群馬県渋川市上郷2709-11 電話 0279-25-1217

冨田さんは靴・鞄の手作り制作を始めて30年になるという。冨田さんの作品はその使いやすさに定評があり、鞄はじっくりと使いこなしていただけたら味がでるという。松脂(まつやに)は、靴職人当時の親方がひもに塗っていたことから、鞄職人になってからも応用しているそうだ。

群馬県渋川市

冨田さんが渋川市に工房を構えてまだ日も浅いそうですが渋川市について簡単に紹介します。渋川市は昭和29年(1954年)に周辺の町村が合併して誕生した人口約5万人の緑豊かな街です。中筋遺跡をはじめ多くの遺跡群が見つかるなど古来より人々が生活していたようです。近世には街道が整備され三国街道と佐渡奉行街道が交差する交通の要衝として発展しました。現在は「日本の真ん中緑の渋川」をキャッチフレーズに「日本のへそのまち」として売り出しています。
また、ここ渋川市は伊香保温泉への入り口としても有名です。伊香保温泉は徳富蘇峰がこよなく愛した温泉であり、竹久夢二が晩年を過ごした地としても知られています。

画像 群馬県渋川市の地図

鞄の歴史

鞄のルーツについて調べてみました。はじめに杞柳(きりゅう)という言葉をご存じでしょうか。杞(き)とは「こりやなぎ」のことで柳の一種です。杞柳は柳をつかった行李(こうり)のことで、今の鞄の祖先にあたるようです。日本では927年に編纂された延喜式に正倉院の調度品として柳筥が記されています。渡来してきた技術で柳で作られたこうりです。いわゆる柳行李(やなぎごうり)です。
明治時代には今のトランクのような革製のものが作られました。その後、欧米からの輸入品や国内での改良を経て、現在のような鞄やボストンバッグ、ハンドバッグへと変遷してきたそうです。
鞄は中国語の夾板(キャバン)がなまったものといわれており、元々「鞄」はなめし皮を作る職人のことで、明治時代に字義に関係なくこの漢字を当てて鞄となったようです。・・・日本語大辞典(講談社)

画像 鞄のイラスト1画像 鞄のイラスト2

トピックス《柳ごおりと皇太子殿下》

2001年11月26日付け産経新聞(夕刊)記事参考

2001年12月1日は皇太子妃の雅子さまに女のお子様がお生まれになった日として、日本全国がお祝い一色に包まれたことは記憶に新しいところですが、皇太子殿下が学習院初等科に入園された際、兵庫県の豊岡市がお祝に柳ごうりのバスケットをお贈りしたそうです。殿下はバスケットを非常にお気に召されご愛用されたとのこと。当時の皇太子殿下のご愛称から「なるちゃんバッグ」と呼ばれたことを記憶されている方もあると思います。今回、皇太子殿下のお子さまのご誕生に合わせて、同じように計画されているそうです。実現すれば、親子2代でご使用されることになり、大変名誉なことですと関係者は語っておられます。

兵庫県の豊岡市は、但馬柳行李(こうり)の産地として知られており、杞柳製品の生産量としては全国一で、鞄の生産も全国の6~7割を占めています。

トピックス《古代のポシェット出土/万葉人の先端ファッション》

2002年1月24日付け朝日新聞(朝刊)記事参考

7世紀頃の革製の鞄が三ツ塚古墳(奈良県当麻町)から出土したと橿原考古学研究所(同・橿原市)が発表したと、朝日新聞他各社の朝刊に掲載された。

画像 革製かばんの復元図
革製かばんの復元図

記事によると鞄の大きさは縦15~17cm、横17cm、厚さ10cmで、鹿の皮に麻を裏打ちし、黒漆を塗ったもの。腰からつり下げるポシェット形のバッグである。金銅製のバックルおよびベルトを固定する金具も見つかっている。中国の唐時代の歴史書「旧唐書」にある、官吏の服務規定にある「鞶嚢(はんのう)」と呼ばれる鞄の記述があることから、発見された鞄が鞶嚢(はんのう)である可能性がある。

ページトップへ