ホーム > トピックス > 第19回環境コミュニケーション大賞「優良賞」受賞のお知らせ


トピックス

第19回環境コミュニケーション大賞「優良賞」受賞のお知らせ

2016年02月25日

ハリマ化成グループが発行する「環境・社会報告書2015」が第19回環境コミュニケーション大賞において「環境報告書部門 優良賞」を受賞したことが、2月9日に環境省より報道発表され、24日、品川プリンスホテルにて授賞式が執り行われました。

「環境コミュニケーション大賞」は、環境省と一般財団法人地球・人間環境フォーラムが実施するもので、優れた環境報告書等や環境活動レポートを表彰することにより、事業者等の環境経営及び環境コミュニケーションへの取組を促進するとともに、環境情報開示の質の向上を図ることを目的としています。


今回の受賞に関し、環境コミュニケーション大賞事務局より、次のとおり講評(抜粋)をいただいています。

各サイトの環境保全効果(物流効果)が明記されているなど、データが充実している。印刷インキ用樹脂の原料である松やに(ロジン)と絡め、生物多様性に言及されていない点が惜しまれる。今後は投資によるコストダウン効果や売り上げ効果への言及、メガソーラーや環境配慮製品開発の事業上の効果への考えを掲載することが望ましい。また、環境配慮製品の開発も環境負荷低減への取り組みも、個別の見方にとどまりライフサイクル全体の視点が少ない。主力製品だけでも良いので、自社の範囲を超えたお客様先での効果、全体感のわかるデータの表示などが望まれる。

「ハリマ化成グループ環境・社会報告書2015」は、冊子版(36ページ)とWEBで構成しており、冊子版では国内拠点を中心に2015年度の活動をまとめています。今後は環境コミュニケーション大賞事務局様から頂きました講評を参考に、グローバルに広がる当社グループのCSR活動の充実とともに社会と当社グループの持続可能な発展という観点から、「環境と調和した共生社会の実現」へ向けて引き続き取り組んでまいります。

20160224.JPG
(左)審査委員⻑ 東京大学 山本名誉教授
(右)ハリマ化成グループ(株) 安全・環境・品質グループ 環境・品質管理課長


ハリマ化成グループ環境・社会報告書2015


ページトップへ