ホーム > パインケミカル > 松脂(ロジン)を訪ねて > 01.バイオリンと松脂(ロジン)


パインケミカル

01.バイオリンと松脂(ロジン)

松脂(ロジン)が生み出す美しい音色・音質の秘密

松脂(ロジン)は、私たちの生活に欠かすことの出来ない大切な素材で、いろいろな分野で使用されています。しかし、私たちの身近なところで松脂(ロジン)が大切な働きをしているにも関わらず、あまり知られていないのが実情です。そこで、松脂(ロジン)を使用した身近な商品についてシリーズで紹介していきます。
第一回は、バイオリン、ビオラ、チェロ等の弦楽器の弓に松脂(ロジン)を使うことにより、大切な働きをしている謎に迫ります。ベートーベン、ブラームス、パガニーニ等々・・・オーケストラの奏でるバイオリン協奏曲は、私たちを得も言われぬ優美な世界へと導いてくれます。弓と弦とで奏でる別世界。ここ松脂(ロジン)が無ければ、美しい音色にはなりません。

取材協力

株式会社アルシェ
東京都文京区小石川2-1-11
TEL:03-3814-8670

社名のアルシェはフランス語のArchet(弓と言う意味)からきています。
バイオリン、ビオラ、チェロ、そして音色を出すための松脂を製造しています。

弓の制作/弓の材質

木を削る、反りを入れる、ニスをぬる。良い弓を作るためには何と108の工程が必要で、一つ一つの工程に職人さんの細かい神経と優しい気持ちが込められています。

画像 バイオリンの写真
(株)アルシェのバイオリン

弓や楽器はすべて天然、自然の材料が使われており、美しい音色を奏でるためには素材の厳選が必要です。美しい音色は自然が与えてくれた恩恵とも言えます。

スチック(弓の毛を張る部分)

ブラジル産のフエルナンブーコ(パウブラジルと言われる染料を取る、堅くて艶のある木材)や黒檀(スリランカ産)が多く用いられています。

弓毛

バイオリンの弓は75cm位の長さが必要なため、尻尾の毛が長い馬の毛が使われます。

毛箱(貝スライドと言われる)

ここにも自然の素材であるアコヤ貝を螺鈿(らでん)にして張り付けています。また素材に鼈甲(べっこう)を使用していることもあります。これは装飾効果を持たせるためです。

バイオリンの胴体の表部分には松が使われています。松は南スイスとチロルの山間の南斜面に生育するものが良いとのことです。

音の出る仕組み

弦(昔は羊の腸を使っていたが、現在はスチールやナイロンが多い)を弓でこすると何故音が出るのでしょうか。
弓に使われる馬の尻尾の毛には目に見えないほどの細かい毛羽立ち(突起)があり、さらにそれを精製して無数の突起物を作っています。

画像 弓毛表面の顕微鏡写真
良い弓毛の表面

弓毛の表面繊維質が均一で波状である。
(写真提供:(株)アルシェ)

この突起物に松脂(ロジン)を塗ることにより、摩擦力を強めています。それではなぜ弓で連続的に圧力をかけても、音が出るのでしょうか?
それは、松脂(ロジン)のはたらきで音が中断されるからなのです。弓に松脂(ロジン)が付いていなければ、弓が弦に触れたり、擦ったりしている限り、指で弦を触るのと同じように振動が出来なくなるのです。
馬の毛のなめらかな表面がわずかな微粒子の松脂(ロジン)によってザラザラになると、弦はごくわずかに断続的な一定の振動を受けることになるのです。その振動が、あまりに速いので、その音が連続的に聞こえるようになるわけです。

画像 弓毛表面に松脂(ロジン)をぬった顕微鏡写真
電子顕微鏡:400倍

弓毛に松脂(ロジン)を塗った写真
(写真提供:(株)アルシェ)
粒子が均一にまんべんなく付いている。

美しい音色・音質を生む秘密。それが松脂(ロジン)

松脂(ロジン)を弓毛に塗る目的は「弦の滑りをよくするため」とか「弓毛の表面を滑らかにする」のではなく、「ざらざら」にするためなのです。だから松脂に要求される品質は…

  1. 粒子が均一であること(小さい方がよい)。
  2. 全体的にまんべんなく付くこと。
  3. 粘度は高すぎず、サラサラしすぎていないもの。

ということが要求されるので、松脂(ロジン)の素材を厳選し、製造技術の高さが必要になります。

画像 バイオリン用の松脂(ロジン)の製品写真1
バイオリン用の松脂(ロジン)

画像 バイオリン用の松脂(ロジン)の製品写真2

画像 南西フランス付近の地図
南西フランス (ミミザン)

昔は使用する松脂(ロジン)は南西フランスの海岸地域(ミミザン地方)で手で採取したものが最良とされてきましたが、現在では中国産のガムロジンが使われています。

余談になりますが、中国の生松脂(なままつやに)は馬尾松(ばびしょう)と呼ばれる松から採取されています。
弓毛(馬の尻尾の毛)と馬尾松・・・何やら、因縁深いですね。

松脂(ロジン)の使用上の注意・・・良い音色を出すために。

  • 弓毛を張り替えたとき以外は、松脂(ロジン)の種類は変えないこと。弓毛を張り替えるまでは一種類の松脂(ロジン)を使うこと。
  • 松脂(ロジン)の使いすぎは良くない。音が悪くなり、粗雑になる。
  • 松脂(ロジン)の塗りムラがないようにすること。音のかすれなどの原因になる。

画像 バイオリンの弓に松脂(ロジン)を塗っている写真
バイオリンの弓に松脂(ロジン)
を塗っているところ

画像 バイオリン演奏風景の写真
バイオリンの演奏

ページトップへ