ホーム > パインケミカル > 松脂(ロジン)を訪ねて > 10.銅版画と松脂(ロジン)


パインケミカル

10.銅版画と松脂(ロジン)

わずか数十センチ四方の銅版に表現される美しい夢の世界。

画像 銅版画の写真

取材協力

多摩美術大学 絵画学科版画研究室 渡辺 達正教授
京都八王子市鑓水2-1723 TEL:0426-76-8611
ホームページ:http://www.tamabi.ac.jp

画像 多摩美術大学の地図

多摩美術大学は1935年、多摩帝国美術学校として東京世田谷に設立され、美術、芸術関係に多くの人材を送り出してきている。
1974年には八王子に美術学部を移転している。
渡辺教授は1969年、多摩美術大学の絵画科を卒業後、各所の個展、美術展で多数作品を発表され、その高い芸術性と個性的な作品は高い評価を受けており、この道の第一人者である。

銅版画

銅版画は15~16世紀のヨーロッパで始まった。彫金の技術を応用し銅版に彫刻を施すようになり、その後彫刻した銅版にインキを入れて、紙に印刷する技術が広まった。
17世紀になると直接銅版に彫刻せず、エッチング(腐食)という技術が生み出された。エッチングでは防蝕剤(グランド)として松脂が使われるようになった。日本には、明治になってからエッチングが伝わり、その後、大蔵省で印刷するお札の原板に銅版画が採用されるなどしている。

渡辺先生は、多摩美術大学に銅版画に出会い、故郷名古屋の庄内川、魚や花のモチーフを得意とされている。先生独自の感性で彫刻されたみごとな作品は多くの人を魅了している。

銅版画の技法

技法にはいろいろあるが、松脂を使用する3つの技法。

1.エッチング(Etching)

銅版を酸で腐蝕させて版を作る間接法の最も基本的な技法である。彫る作業を伴わないため初心者でも自由に描画できる特徴がある。この方法は、銅版の表面をアスフアルト、松脂、白ロウを溶かした耐酸性の防蝕剤で覆い、針で軽く絵を描き銅を露出させ、その部分を腐蝕液によって腐蝕させる方法である。
エッチングに使用する防蝕剤(グランド)は固すぎて線を引いたときにひび割れしたり、軟らかすぎて引いた線がふさがってしまうようでは使えない。グランドを引き終わったら、針で描画したとき描いた線がはっきり見えるように、油煙でいぶす。

画像 銅版画の技法解説写真
銅版にグランドを引き、その後、アクアチント(面の表現方法)のため、松脂の粉体を塗布。

画像 渡辺教授の作品写真1
昆虫:エッチング+アクアチント技法による作品(渡辺教授の作品)

2.ソフト・グランド(Soft ground)

エッチング技法と同じように銅版の表面を防蝕剤(グランド)で覆い、グランドに布や枯葉、紙、アルミホイルのしわなどの細かい凹凸を押しつけると、グランドは細かい布目状にはぎ取られる。この方法で紙を当てて上から強くなぞったり、布などのテクスチャーを押し当てて描画する技法である。
ソフト・グランドは市販されている固形状のものを、少し熱した銅版の上で溶かし、ローラーで均一に引いて使う。引くときに少しベタつく状態が理想。エッチング用の液体グランドを使う場合は、少量のサラダ油を入れる。

3.アクアチント(Aquatint)

防蝕剤として松脂の粉末を熱で銅版に定着させ、粗密具合によって明暗の階調を作り出す技法である。
松脂の隙間に、わずかに露出する銅の部分を何段階かに分け、防蝕剤で止めながら腐蝕させることにより、濃淡の調子を作り出していく。松脂の粒子が細かいと、あまり深い腐蝕は出来ないが、微妙な調子を表現できる。

画像 松脂の写真1
松脂(固形)

画像 松脂の写真2
乳鉢で粉末にする。

松脂の粉末は、銅の表面に細かな凹凸を作り出すことによりボカシを得ることが出来る。松脂の版面への散布量と、多孔質な面によりボカシ表現は決まる。版面上の松脂の隙間が広くて銅版が光っていては腐蝕し過ぎであり、松脂の散布量が多すぎても腐蝕が始まらず失敗する。
銅版に松脂を散布した粉末が白くうっすらと版面を覆うぐらいが最良の状態で、松脂と松脂の間に適度に銅が露出する。しかし、熱しすぎると松脂が溶けて流れ出し版面を覆ってしまうために腐蝕が起こらなくなる。

画像 作業工程の動画画像 作業工程の写真1
松脂の粉末を塗布する。

画像 作業工程の写真2
松脂の粉末を塗布

画像 作業工程の写真3
銅版を加熱/色が変わる

画像 作業工程の写真4
銅版を加熱/色が変わる

画像 作業工程の写真5
腐蝕液を洗浄してとる。

画像 作業工程の写真6
細かいところを削る。

画像 渡辺教授の作品写真2
完成/表題:氷霧II

ページトップへ