ホーム > パインケミカル > 松脂(ロジン)を訪ねて > 12.ロジンバッグと松脂(ロジン)


パインケミカル

12.ロジンバッグと松脂(ロジン)

一球一球に魂を込め、ピッチャーが投げるボール。
ここでも松脂(ロジン)が大切な働きをしています。

画像 野球のイメージイラスト1画像 野球のイメージイラスト3

ロジンバッグとは

ロジンバッグは、野球などでピッチャーが使う白い粉が出る袋です。名前の通り、ロジンは松脂(まつやに)のことであり、バッグは入れ物と言う意味です。つまり、ロジンバッグとは、松脂を入れた袋のことです。
『松脂の粉を入れた袋。野球選手などが手の滑り止めに用いる』広辞苑(岩波書店)。しかし、松脂を袋に入れただけではとても使えません。滑り止めとして使うにも、ロジンだけでは粘着性が強すぎ皮膚を傷つけてしまいます。そのために粘着性を押さえ、汗などの水分を吸収できるよう、炭酸マグネシウム等の無機質が主成分としてつくられています。現在の野球用ロジンバッグの組成は、炭酸マグネシウム80%、ロジン15%、石油樹脂5%だそうです。成分比率は競技や目的に応じて、少しずつ混率が違います。

画像 ロジンバッグの商品写真画像 野球のイメージイラスト3
アメリカで売っているロジンバッグ。
なぜか台湾製。1$79¢(約200円)

野球規則

ロジンバッグは野球規則で決められたルールで定義されており、公式に使用が認められている。日本の野球規則はアメリカのプロフェッショナル野球機構で用いられているオフイシャル・ベースボール・ルールズ(official baseball rules)を元にして、日本の野球事情に適したように作り直されている。その中で、投手の禁止事項の項目にロジンバッグについて明記されている。

アメリカの野球規則

8.00 The Pitcher
8.02 The pitcher shall not
All umpires shall carry with them one official rosin bag. The umpire-in-chief is responsible for placing the rosin bag on the ground back of the pitcher's plate. If at any time the ball hits the rosin bag it is in play. In the case of rain or wet field, the umpire may instruct the pitcher to carry the rosin bag in his hip pocket. A pitcher may use the rosin bag for thepurpose of applying rosin to his bare hand or hands.
Neither the pitcher nor any other player shall dust the ball with the rosin bag;neither shall the pitcher nor any other player be permitted to apply rosin from the bag tohis glove or dust any part of his uniform with the rosin bag.

日本の野球規則

8.02投手の禁止事項
審判員は、一個の公式ロージンバッグを携行し、球審は投手板の後方の地面にそのロージンバッグを置く責任がある。ロージンバッグにボールが触れたときは、どんなときでも、ボールインプレイである。
雨天の場合または競技場が湿っている場合には、審判員は投手にロージンバッグを腰のポケットに入れるよう指示する。(一個のロージンバッグを交互に使用させる)投手はこのロージンバッグを用いて、素手にロージンをつけることを許されるが、投手、野手を問わず、プレヤーは、ロージンバッグで、ボールまたはグラブにロージンをふりかけたり、またはユニフオームのどの部分にも、これをふりかけることはできない。
注:日本の野球規則ではロージンバッグといい、ロを伸ばし、ロジンバッグとは呼ばない。

ロジンバッグが何時から使用され始めたかについては定かではないが、少なくとも昭和43年(1968)に、アメリカの改正ルールを日本でも採用することになったので、それ以前の昭和40年前後(1965年頃)に輸入され、使われ始めたと想像される。それ以前は、ロジンバッグの様なものでなく、単に、炭酸マグネシウムの様な無機の粉を用いていたものと思われる。アメリカでは少なくとも1945年の頃には使われ始めた。

ページトップへ