ホーム > パインケミカル > 松脂(ロジン)を訪ねて > 15.江戸切子(硝子工芸)と松脂(ロジン)


パインケミカル

15.江戸切子(硝子工芸)と松脂(ロジン)

精緻なる硝子工芸、江戸切子。

切子の設計図・割り付けを、松脂が見事に保持する。

取材協力

東京都伝統工芸士指定  篠崎 清一氏
東京都江東区大島5-2-2 TEL:03-3682-3634

硝子について

江戸切子は伝統工芸の硝子細工である。一般的にはガラスに「硝子」という漢字を当てているが、硝という字は石と肖という文字の組み合わせになっている。肖は小さい、砕けるという意味を持っている。つまり硝とは鉱物の一つで、小さく砕いて粉末にし、ガラスや火薬などの原料となる。また、子とは小さい物や道具の名に付けて用いる接尾語である。つまり硝子とはガラス原料となる小さい粉末を意味した物の当て字である。(参考:漢和大字典 藤堂明保著 学習研究社)
明治の始めに品川硝子製造所が創設されたときにこの硝子の漢字をガラスに当てはめたのが始まりと言われている。江戸時代までは玻璃、瑠璃等とも書かれ、「はり」、「かるり」と呼ばれていた。
また、ガラス製品のことをギアマンとかビードロとか呼んでいるが、ギアマンとはポルトガル語でdiamanteと言っていたものが、ジアマン→ギアマンと言うようになった。つまりdiamanteとはダイヤモンドのことであり、ダイヤモンドのように美しく輝く物と言う意味でガラス製品のことになった。ビードロ(vidro)も同じくガラス製品のことである。

硝子の組成は珪砂あるいは珪石で、その主成分は珪素(シリカ)で海岸などにある砂の成分。これにソーダ(NaO)と石灰(CaO)が解け合って出来た物が、一般的にみられるソーダ石灰ガラスです。 ソーダの変わりにカリ(K2O)を入れたり鉛を入れた物を鉛ガラスといい、クリスタルという言葉はこの鉛ガラスの固有名詞になっている。

硝子の歴史

ガラスは太古の昔から、火山の噴火によってガラスの成分が溶解されて天然のガラスとも言うべき岩石が生成され、人が利用してきた。その代表的な物は黒曜石といわれるもので、当時の人々はこの黒曜石を用いて、狩猟や武器または装身具として用いていたようだ。そのうちに木質の灰(つまりアルカリ)で溶かされた石英を見つけ、これが釉薬(うわぐすり)の発明となっていったと思われる。その釉薬をもちいたガラスは既に紀元前16世紀には古代エジプトにあったと言われている。また、紀元前600年頃にはアルカリの多い溶けやすいガラスの粉を撒いて、金属とともに火中に入れて焼き付けてできるガラス工芸品、今で言う七宝(しっぽう)も作られている。

日本の硝子の歴史

画像 正倉院の白琉璃椀
正倉院の白琉璃椀

東大寺正倉院には、聖武天皇・光明皇后ゆかりの品をはじめとする、天平時代を中心とした多数の美術工芸品が納められているが、宝物の中にペルシア伝来のガラス器がある。白琉璃椀(はくるりわん)といわれるササン朝ペルシャ(今のイランあたり)からもたらされたものです。日本では弥生時代中期にはすでにガラスが存在しており、勾玉(まがたま)や管玉(くだたま)が福岡県の遺跡等から出土しています。また、文武天皇の頃(701-711)には、大蔵省の典鋳司(いものでのつかさ)で玻璃(はり、ガラスの異称)を作ったことが記録に残っています。

硝子の成型法

一般的な硝子の成型法は次の3つです。

  1. 宙吹き
    窯の中でドロドロに溶けたガラスを鉄パイプ製の吹き竿の先に巻き取り、空中で吹き竿を回しながら成形する方法。
  2. 型吹き
    木型、粘土型、金属型等の鋳型の中に、溶けたガラスを吹き竿で吹き込み成型する方法。江戸切子の素材はほとんどがこの型吹きで作られる。
  3. スフレ
    あらかじめ型の中に、果実、人物、動物などのレリーフを凹刻しておき、その中にガラスを吹き込んで文様をつける技法。

松脂入り硝子

ソーダガラスに松脂を入れた色付き硝子があり、1955年頃(昭和30年頃)の処方が紹介されています。
軟質茶硝子の組成(参考:http://www.asahi-net.or.jp/~YW8M-OOSG)
珪砂30000/ソーダ灰15000/コバルト56/蛍石1120/亜砒酸67/長石7500/硝酸鉄液165/硫黄63/松脂318(単位:グラム)

ページトップへ