ホーム > パインケミカル > 松脂(ロジン)を訪ねて > 19.江戸解き友禅と松脂(ロジン)


パインケミカル

19.江戸解き友禅と松脂(ロジン)

友禅の心

粋でいなせ 繊細で大胆 緻密でヤボ
友禅はいつの時代にも女心を魅了してやみません

取材協力

江戸友禅絵師 伊藤 幽水氏
東京都板橋区桜川2-6-8-203号  電話 03-3931-1584

画像 江戸友禅絵師 伊藤幽水氏の写真

1951年生まれ。名号の幽水は故郷大分の深山幽谷、山紫水明に因み命名。
この道30年、道はまだまだ険しいが、友禅を現代風にアレンジして広めていきたいとのこと。

染色の起源

人が樹皮や草皮から織物を作って衣服として使うようになったのがいつの頃か年代を推定することは難しい。これまでに知られている最古の染色物は、エジプトのミイラが巻かれていた藍色に染められた布といわれており、4000~5000年位前と考えられている。わが国において、布に染色を施したり文様をつけることが、いつ頃から行われたかははっきりとしないが、吉野ヶ里遺跡で繊維製品が発見されたことから、3世紀頃ではないかといわれている。
繊維に色をつけるという彩色は、すりこみや泥漬法によるもので始まり、植物の葉・幹・根・実などを煮出してとった汁の中に生地を漬け込み、灰汁や泥などにより媒染する染色法が行われるようになった。今日の浸染(しんぜん)と同じような染色法に発展してきた。・・・「模様染の伝統技法」(理工学社)青柳太陽著

友禅染めとは

江戸時代の元禄(1688~1704年)のころ、京都祇園町に絵師の宮崎友禅斎が布に下絵を描いて鴨川の水にて染めたのが起こりといわれている。その後、加賀に移住したことで加賀友禅が生まれたと言われている。文化・文政(1800年前半)の頃には浅草や日本橋、神田に京都から模様絵師が移り住み、手描き友禅の技法などが伝えられていった。
友禅染は、布地の上に糊(糯米や小麦粉を用いる)で、模様の輪郭を描くことで、下絵の上(糸目)をなぞるように糊を置いて(糸目糊)できた空間に色を差していく技法の総称。他に友禅、糸目友禅と称している。
友禅染の特徴とするところは手描きであることと、染色が従来の浴染から塗り染めになったことで、ぼかしや隈取りを加えた多彩で絵画的な小袖模様を表現できる。刺繍や絞り、描き絵などにくらべて容易にしかも効果的に表現出来る。友禅染が日本の工芸史の上で画期的な技術の進歩であったといって良い。
参考:日本大百科全書(小学館)および大言海(冨山房)大槻 文彦著

手描き友禅

友禅染の基本は手描きであり、色彩に富み複雑で精緻な文様は絵画的とも言われる。あたかも一枚の着物をキャンバスに見立てたかのごとき趣がある。それだけに糊(糊置き)で色と色とが混じり合って濁らない(防染)技法が生れた。
参考:日本の染め織り(紀尾井書房)中江 克己著

手描き友禅について、友禅作家で人間国宝でもある森口華弘氏は「色は人なり、色は命といい」、「色の発想が出発点であり、色によって柄は自然に決まっていく」と話されている。

友禅染の基本

  1. 糊で防染
  2. 地入れ・・・生地全体に豆汁(ごじる)を塗り、染料がつきやすくする。
  3. 文様に筆や小刷毛で色を差す。

源氏ひいながた

画像 書籍小袖模様雛形本集成の写真

友禅の資料として、貞享4年(1687)に出版された京の染織模様を集めた「源氏ひいながた」があるが、近年、小学館から「小袖模様雛形本集成」が刊行されており、収録されている江戸時代からの友禅文様は、下絵師にとってはバイブルとなっている。

ページトップへ