ホーム > パインケミカル > 松脂(ロジン)を訪ねて > 21.コンデンサーと松脂(ロジン)


パインケミカル

21.コンデンサーと松脂(ロジン)

濁りのない音の世界を演出する

松脂が生み出す本物の音色

画像 吉村作男氏の写真

画像 エステイプランの外観写真

取材協力

株式会社エステイプラン 代表取締役 吉村 作男氏
福岡市中央区薬院2丁目18-9
電話 092-771-2236

少年の心を何時までも忘れない吉村さんは、子供の頃からラジオなどを組み立てるのが好きで、いつもそばに音の世界が広がっていた。今も子供の頃の夢が忘れられず仕事のかたわら、昔の真空管やアンプを探し出し一つ一つ修理復元して、昔ながらの音を蘇らせている。

プロローグ

挨拶もそこそこに、フレミングの法則、導電率、導電体といった言葉を知っていますかと、吉村さん。のっけから難しい話が出てきたが、実は、昨年、吉村さんから松脂を200~300Kg売って欲しいとの連絡があり、当社からお売りしたことがある。それにしても、企業ならいざ知らず、個人で200Kgも必要とはいかなる用途なのか伺うと、電気関係の部品に使いたいとのこと。
今回の取材では電気についての説明が続いたあと、真空管、アンプなど聞き慣れた言葉が出た後に、話題がコンデンサーに及んで「実は、ここから松脂に関係してくるのですよ」との吉村さんの説明に正直言ってほっとした。

真空管式アンプと吉村さん

今でこそ電気製品に真空管を使うことはまずありませんが、1960年頃までは重要な部品の一つでした。ラジオの音が出なくなったときは、近所の電気屋さんで真空管を買って交換することが普通でした。トランジスターに変わってしまった現在でも、特に音響マニアにとっては真空管を使ったアナログの世界は垂涎の的なのだそうだ。WE(western electric)の真空管(WE-300B,WE-216A)や特に、映画用のアンプに使われたWE-91は最高の品質といわれ、トーキの世界では超ブランド品として知られている。
吉村さんが松脂(ロジン)を購入した経緯は、「トーキー用の真空管を使ったアンプを再現して欲しい」との依頼が知人からあったから。真空管は現在では日本国内で製造されていませんが、中国、ロシア、台湾などでは今も製造されている。また、WE-91などについても、western electricから購入して使えるそうだ。アンプのなかのコンデンサーは自ら組み立てることとし、当社の松脂を使用して製作することになったそうです。

画像 吉村が制作したアンプの写真

吉村さんが制作したアンプ/前に真空管、奥に松脂を入れたコンデンサーが3つほどついている。因みに価格は約100万円とのこと。

画像 western electric社製の二極真空管の図面画像 western electric社製の二極真空管の写真
western electric社製の二極真空管

真空管とは電子管のひとつで、ガラス又は金属の管に電極を封入し内部を真空にしたもの。電子の働きで、検波、整流、増幅、発振などを行う。ラジオ、テレビ、コンピュータなどに用いられていたが、現在はトランジスター、IC、LSIなどにとって代わられている。

ページトップへ